Required Location[負荷試験とは - 負荷試験が必要な施設]

病院・介護施設

不意の停電に備えた非常用自家発電機。吸引機などの電源確保など、必要な電気をただちに供給するために不可欠です。入居者の安心を確保します。

学校・体育館

災害時に避難所となることが多い学校や体育館でも、非常用発電機の負荷試験が不可欠です。停電により避難所の照明がつかなければ危険です。

ホテル・旅館

停電時に非常用発電機が稼働しなければ、施設の信用問題に関わります。大事故につながり、後の莫大な賠償請求や刑事罰の対象にもなりかねません。

駅・公共交通機関

地震などの緊急時には、駅でのパニックは即、人命に関わります。スムーズな導線確保のためにも、非常用発電機の稼働チェックは最低限の義務です。

百貨店・SC

災害人などにお客様の安全確保はお店としての最大の義務です。定期的な非常用発電機の負荷試験が、お店の評価と人命の双方を守ります。

商業ビル・大型ビル

意外と見落とされる一定以上の規模の各種ビル。テナントや居住者の安全を守るのはオーナーの務め。法令でも試験の義務が定められています。