非常用電源、自治体の整備進む 災害時に業務継続

全国の地方自治体の非常用発電機の整備が進んでいる。

災害などで停電が発生した際に非常用電源が自治体の業務を継続するためには絶対に欠かせない。

市区町村の9割強が非常用発電機を設置しており、72時間(3日)以上の稼働燃料を確保している団体は4割にとどまった。

日本経済新聞

非常用電源、自治体の整備進む 災害時に業務継続 」より抜粋